【アメリカ】ディズニー、全世界で2019年中頃までにプラスチック製ストロー・マドラー廃止 2018/07/28 最新ニュース

 米ウォルト・ディズニー・カンパニーは7月26日、2019年中頃までに使い捨てプラスチック製ストローとマドラーを全世界で廃止すると発表した。これにより年間でプラスチック製ストローを1億7,500万本、プラスチック製マドラーを1,300万本削減できるという。

 また、同社のホテル及びクルーズシップ内のアメニティ容器を、使い捨てプラスチックのものから、据え置き補充型のものに切り替え、プラスチックごみを削減する。これにより、客室からのプラスチックごみを80%削減できると試算した。さらに、ディズニーの各園内及びクルーズ船での使い捨てビニール袋を削減するため、買物バッグの販売オプションを提示していく。さらに、同社事業所内でのポリエチレン製カップの使用も禁止する。

[追記]
 東京ディズニーリゾートは、オリエンタルランドがウォルト・ディズニー・カンパニーからライセンスを得て運営しており、ウォルト・ディズニー・カンパニーとは直接、間接的な所有関係にはない。そのため今回の方針の適用外。

【参照ページ】Disney Expands Environmental Commitment By Reducing Plastic Waste

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る