【アメリカ】党派不問で81%の国民が海洋プラスチック問題に懸念。環境NGO調査 2018/09/01 最新ニュース

 米環境NGOのEndowment for Clean Oceansは8月29日、米国民1,200人を対象としたインターネット調査の結果、党派に関係なく、80%を超える米国民が海洋プラスチック問題に大きな関心があることがわかったと発表した。

 今回の調査は、リサーチ会社Zogby Analyticsが受託実施。米国政府は現在、51兆個のマイクロプラスチックが海洋に存在していると推定しており、一般的に受け入れられている数値でも5兆個と言われている。今回の調査で「数兆個のマクロまたはマイクロプラスチックが海洋に存在していることに懸念があるか」と聞いたところ、81%が懸念があると答えた。そのうち46%は非常に懸念があると回答し、ある程度懸念があるが35%だった。

 党派別でも、共和党の中でも「小さい国家」を志向する「ティーパーティー運動」に共感する人々の間でも81.7%が懸念があるとし、一方民主党の中でも資本主義への規制強化を求める「ウォール街を占拠せよ運動」に共感する人々の間でも85.5%と差が3.8%しかなかった。調査の統計誤差は3.1%。

 年米別でも、18歳から29歳までの若者で80%、65歳以上のベビーブーマーで86%と、ほとんど差がなかった。

 マクロまたはマイクロプラスチック削減に向けたイノベーションを見出そうとしている店で買物をしたいと答えた人は80%。また、買物タイプ別では、アマゾン派で84%、ウォルマート派で77%だった。

 価格競争力のある生分解プラスチックに向けた努力している店で買物をしたいと答えた人は83%。性別別では男性80%、女性86%。また党派別では、民主党86%、共和党78%でいずれも高かった。

【参照ページ】Finally, in a Divided America, something 81% Can Agree on: Endowment for Clean Oceans Commissioned Poll Shows Widespread Voter Concern About the Trillions of Pieces of Plastic in the Ocean

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る