【国際】PRI、Ceres、EDF、メタンガス排出情報開示ガイドライン発行。TCFDを具体化 2018/10/22 最新ニュース

 国連責任投資原則(PRI)、米ESG投資分野アドボカシーNGOのCeres、米環境NGO環境防衛基金(EDF)は10月17日、石油ガス業界向けのメタンガス排出ガイドラインを発行した。気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに基づき、温室効果ガス(GHG)の一つであるメタンガス排出による気候変動財務リスクの情報開示のあり方をまとめた。

 同ガイドラインは、メタンガス排出に関する「移行リスク」「省資源」「エネルギー資源」「製品・サービス」についてリスクと機会及びそれによる財務影響を整理。その上で、TCFDガイドラインが要求する「ガバナンス」「戦略」「リスクマネジメント」「測定と目標」について開示すべき項目をまとめた。

【参照ページ】Implementing the TCFD Recommendations for Oil and Gas Methane Disclosure

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る