【国際】Chartis Research、リスク分析技術企業ランキング「RiskTech100 2019」発表 2018/11/15 最新ニュース

 英リスクテクノロジー調査Chartis Researchは11月9日、リスク分析サービス分野の2018年企業ランキング「RiskTech100 2019」を発表した。同ランキングは今年で13年目。対象とするリスク分野は幅広く、信用リスク、ガバナンス・リスク・コンプライアンス(GRC)、市場リスク、アセット・ライアビリティ・マネジメント(ALM)と流動リスク、エネルギー・コモディティ・トレーディングリスク、金融犯罪リスク、サイバーリスク、金融規制リスク等を全て含む。

 リスクマネジメント分野では、非常に多様なテクノロジーや概念が生まれており、人工知能(AI)の活用等に取り組む企業も増えてきている。一方で、導入する企業は、ベストなソリューションを的確に選ばなくてはいけなくなってきている。特にAIの影響は凄まじく、安価でかつ強力なコンピューター技術の登場とAI投資への意欲がこの動きを後押ししている。一方、Chartis Researchは、AIが実施できることと実施できないことを正しく理解しないまま、企業が徒にAI分野に投資し、間違った認識を持つリスクを「Statistical Techniques and Open Risk Management(STORM)」と名付け、STORMに陥られない対応方法も提示した。

RiskTech100 2019

  1. FIS(米国)
  2. オラクル(米国)
  3. MSCI(米国)
  4. ムーディーズ・アナリティクス(米国)
  5. SAS(米国)
  6. Murex(フランス)
  7. FICO(米国)
  8. Finastra(英国)
  9. IBM(米国)
  10. NICE Actimize(米国)
  11. IHS Markit(英国)
  12. Numerix(米国)
  13. ナスダック(米国)
  14. Wolters Kluwer(オランダ)
  15. ブルームバーグ(米国)

 金融や事業リスクの分野では、米国勢が非常に強い。それ以外には欧州やインド、オーストラリア、カナダの企業が100位以内に入っている。一方、日本企業は100位以内になかった。また、約40項目の個別観点での1位と2位の企業も発表されている。

 また今回は、100位内には入らなかったが、要注目の企業を「Rising Stars」として選定。10社を挙げた。

  • b-next
  • BioCatch
  • BlackSwan Technologies
  • Darktrace
  • ExtraHop
  • Featurespace
  • Guidewire
  • Julia Computing
  • Kinetica
  • Thesys Technologies

【参照ページ】RiskTech100 2019

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る