【アメリカ】ムーディーズ、小規模経営者支援プロジェクト「Reshape Tomorrow」発足。NGOやVCと連携 2018/11/28 最新ニュース

 信用格付世界大手米ムーディーズは10月24日、小規模企業の経営支援プロジェクト「Reshape Tomorrow」を発足し、プロジェクトのパートナー企業・団体6社を発表した。同プログラムは、ムーディーズの社会施策の一環で、主に女性経営者や社会的弱者の経営者を重点的に支援する。発表時点ですでに小規模企業50社以上からプロジェクトへの参加申し込みがあった。

パートナー企業・団体

  • インパクト投資NGOのAcumen:コーチング、金融、販売、テクノロジー支援「Acumen Post」を展開
  • アジア財団:上海で移住女性経営者支援プログラム「Accelerate Women’s Entrepreneurship」を展開
  • 社会起業家支援NGOのEchoing Green:社会起業家の融資獲得支援「Loan Readiness and Impact Funding Initiative」を展開
  • 社会支援NGOのTechnoServe:ケニアや南アフリカで経営者向けトレーニングを展開
  • 女性経営者支援NGOのWEConnect International:ドイツ、カナダ、ナイジェリアで女性経営者トレーニングを展開
  • インパクト投資ベンチャーキャピタルVillage Capital:アルゼンチン、ブラジル、メキシコで「FinTech Incubator Program」を展開

【参照ページ】Moody’s Selects Partners for Reshape Tomorrow, Aiming to Help Small Businesses Thrive

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る