【環境】2018年CDPレポート〜気候変動・ウォーター・フォレストでAリスト入りした企業〜 2019/01/23 体系的に学ぶ

 環境情報開示を推進する国際NGOのCDPは1月22日、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」分野での2018年度Aリスト入り企業を公表しました。

【参考】CDPとは・意味(2016年2月20日)

 CDPは、企業の対話を促すために機関投資家が発足させたNGO。約650の機関投資家は「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」それぞれのプログラムごとに署名し活動を支援しています。

 CDPが送付してくる質問書に回答することは、企業自身にとっても大きなメリットがあります。気候変動や水、森林の分野での自身のインパクトを測定することにより、現状を正しく認識することができます。また、CDPの質問書は規格化されていて認知度も高いため、自社のレベルと他社との比較も容易に行うことができます。もちろん、情報公開を行い高い評価を得ることで、機関投資家に大きなプラスの判断材料を提供することもできます。

 2018年度調査での情報開示企業数は、「気候変動」が6,937、「ウォーター(水)」が2,113、「フォレスト(森林)」が455。「気候変動」のAリスト入り企業は、世界全体では2016年193社から、2017年は基準が厳しくなり、112社に激減し、2018年は126と微増。日本企業は2016年の22社から2017年には13社に減りましたが、2018年は20社まで回復しました。一方、ウォーターは、2017年は73社でしたが、2018年は27社に激減しました。

Aリスト入りした日本企業

気候変動

世界127社。日本企業(赤)は20社。

  • アクセンチュア
  • アドビシステムズ
  • AIBグループ
  • アップル
  • アサヒグループホールディングス
  • バンク・オブ・アメリカ
  • BASF
  • バイエル
  • ベネッセホールディングス
  • Berner Kantonalbank
  • ベスト・バイ
  • BHPビリトン
  • Bic
  • BNYメロン
  • Borregaard
  • ブイグ
  • ブラスケム
  • ブレンボ
  • カナディアン・ナショナル鉄道
  • カルフール
  • チャイナモバイル(中国移動通信)
  • シスコシステムズ
  • シティ・デベロップメンツ
  • コンセッソンエス・ロドビアリア(CCR)
  • 大和ハウス工業
  • ダノン
  • ドイツ鉄道
  • ドイツテレコム
  • DNB
  • ドバイ・ポーツ・ワールド
  • EDF
  • エンジー
  • EVRY
  • フェロビアル
  • フィルメニッヒ
  • First Financial Holding(第一金融控股)
  • Foncière des Régions
  • 富士通
  • ゼネラル・ミルズ
  • ゴールドマン・サックス
  • グループPSA
  • Grupo Logista
  • ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
  • 現代建設
  • 現代自動車
  • INDUS Holding
  • インフォシス
  • INGグループ
  • IFF
  • セインズベリー
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • 川崎汽船
  • ケリング
  • クラビン
  • 小松製作所
  • フィリップス
  • フランス郵政公社
  • ランド・セキュリティーズ
  • ラスベガス・サンズ
  • レゴグループ
  • レベル3コミュニケーションズ
  • LGディスプレイ
  • ロイズ・バンキング・グループ
  • ロッキード・マーティン
  • ロレアル
  • Macerich
  • 丸井グループ
  • Mercialys
  • メッツァ・ボアルド
  • ミシュラン
  • マイクロソフト
  • 三菱電機
  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス
  • ナブテスコ
  • ナショナル・グリッド
  • Naturgy
  • ネステ
  • ネスレ
  • ネクサンス
  • Nexity
  • 日本郵船
  • ノボノルディスク
  • 小野薬品工業
  • オラクル
  • オーウェンスコーニング
  • パッカー
  • フィリップモリスインターナショナル
  • ピレリ
  • パワー・コーポレーション
  • Power Financial
  • レレックス・グループ
  • レマ1000
  • Rexel Development
  • サンゴバン
  • セールスフォース
  • シュナイダーエレクトリック
  • 積水化学工業
  • 積水ハウス
  • Signify(旧フィリップスライティング)
  • SOMPOホールディングス
  • ソニー
  • Sopra Steria
  • スタンレー・ブラック&デッカー
  • ストックランド
  • ストラ・エンソ
  • スエズ・エンバイロメント
  • 住友化学
  • 住友林業
  • テレフォニカ
  • テルストラ
  • Tessy Plastics
  • ホーム・デポ
  • The NAVIGATOR Company
  • 戸田建設
  • 豊田自動織機
  • UBS
  • ユニボール・ロダムコ
  • ユニリーバ
  • UPS
  • ヴァレオ
  • バルメット
  • Veidekke
  • ウェイスト・マネジメント
  • ゼロックス

ウォーター

 世界31社(*)。日本企業(赤)は8社。

  • アストラゼネカ
  • アクシオナ
  • アルトリア
  • アサヒグループホールディングス
  • バイエル
  • ブラスケム
  • ブレンボ
  • CNHインダストリアル
  • コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ
  • ディアジオ
  • フィルメニッヒ
  • フォード
  • Galp
  • GAP
  • ゼネラル・ミルズ
  • IFF
  • 花王
  • キリンホールディングス
  • クラビン
  • ラスベガス・サンズ
  • LGディスプレイ
  • LGイノテック
  • LIXILグループ
  • ロレアル
  • メッツァ・ボアルド
  • マイクロソフト
  • 三菱電機
  • ナブテスコ
  • スタンレー・ブラック&デッカー
  • サントリー食品インターナショナル
  • 豊田自動織機

 アサヒグループホールディングス、三菱電機、ナブテスコ、豊田自動織機の4社は、気候変動とウォーターの双方でAリスト入りを果たしています。

フォレスト(森林)

 世界7社。日本企業(赤)は1社。

  • バイヤスドルフ
  • BillerudKorsnäs
  • フィルメニッヒ
  • 不二製油グループ本社
  • ロレアル
  • テトラパック
  • UPMキュンメネ

 フォレストでは、日本企業では初めて不二製油グループ本社がAリスト入り。「気候変動」「ウォーター」「フォレスト」全てでAリスト入りしたのは、フィルメニッヒとロレアル。

(*)CDPが2019年3月発表のレポートの内容に合わせ修正

【参照ページ】World’s top green businesses revealed in the CDP A List
【Aリスト】CDP A list 2018

著者プロフィール

夫馬 賢治

株式会社ニューラル 代表取締役CEO

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る