【アメリカ】ブラックロック、ETF購入顧客2万人の情報を漏洩。誤ってHPに掲載 2019/01/27 最新ニュース

 投資運用世界大手米ブラックロックは1月19日、同社のETF商品「iShares」を顧客の代理で購入したフィナンシャルプランナー(FP)のリストを、誤って同社のホームページに掲載。個人情報漏洩が発生した。漏洩した情報は、FP約2万人の個人名、メールアドレス、iSharesの運用資産残高で、3つのエクセルファイルの状態で開示してしまった。

 漏洩したエクセルファイルは2018年12月5日だが、いつからホームページに掲載されていたかは不明。ファイルは1月18日に削除された。漏洩した3つのファイルのうち一つには、米FP大手LPL Financialのコンサルタント約12,000人の情報が記載。別のファイルには、FPを「お得意様(Power Users)」や「素人(Dabbler)」のように分類されていた。

 ブラックロックはすでに漏洩した相手には事態を報告済みと発表。またビジネス上の重大な機密は含まれていなかったと表明した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る