【オーストラリア】トヨタ自動車、水素工場建設開始。総工費8.2億円。豪政府も資金助成 2019/03/21 最新ニュース

 トヨタ自動車の豪子会社トヨタ・モーター・コーポレーション・オーストラリアは3月19日、メルボルン西郊のアルトナの自動車工場跡地に、燃料電池自動車(FCV)向けの水素工場(Hydrogen Center)を建設すると発表した。総工費740万米ドル(約8.2億円)。そのうち310万米ドルは豪再生可能エネルギー庁が助成する。

 トヨタ自動車は、目下、燃料電池の低コスト化を目指しており、将来の水素供給地として注目されるオーストラリアで大規模工場建設に乗り出す。同工場は、水素生成用の電解槽と、商業用水素ステーションを備えるとともに、実況デモンストレーション用の教育センターも設けられる。建設は2019年にも着手し、教育センターは2019年12月に完成予定。電解槽と水素ステーションは2020年後半に完成予定。

 トヨタ自動車は、2050年までに工場運営と自動車走行での二酸化炭素排出量をゼロにする目標を掲げている。

【参照ページ】TOYOTA’S ALTONA SITE TO BE HOME TO VICTORIA’S FIRST HYDROGEN REFUELLING STATION

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る