【EU】欧州委、競争法違反でNIKEに15.5億円の課徴金。ライセンス先にEEA内でのグッズ販売地域限定 2019/03/30 最新ニュース

【EU】欧州委、競争法違反でNIKEに15.5億円の課徴金。ライセンス先にEEA内でのグッズ販売地域限定 1

 欧州委員会は3月25日、NIKEに対し、競争法(反トラスト法)違反で1,250万ユーロ(約15.5億円)の課徴金支払いを命じた。同社のグッズ等の販売ライセンスを提供している企業に対し、グッズ販売ができる地域を限定していた。EUでは、単一市場政策により、欧州経済領域(EEA)域内での事業自由化を原則としており、NIKEが域内での地域を限定してライセンスを付与している行為は競争法違反と判断した。

 欧州委員会は同事案について2017年6月に調査を開始。欧州委員会によると、NIKEは調査に積極的に協力した。結果、NIKEの2004年7月1日から2017年10月27日までの行為は、競争法違反と判断した。違反に該当したグッズには、サッカーチームの公式グッズ等が含まれる。

【参照ページ】Antitrust: Commission fines Nike €12.5 million for restricting cross-border sales of merchandising products

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る