【日本】経済産業省と国土交通省、トラック・バス等の2025年燃費目標基準を最終決定 2019/04/01 最新ニュース

【日本】経済産業省と国土交通省、トラック・バス等の2025年燃費目標基準を最終決定 1

 経済産業省と国土交通省は3月29日、2025年度のトラック・バスの燃費基準を告示した。現行の2015年度比で、トラック等は約13.4%の改善、バスは約14.3%の改善が要求される。両省は2017年に案を公表しており、原案通り最終決定した。

【参考】【日本】経産省と国交省、2025年度までのディーゼルトラック・バスの燃費基準目標案公表(2017年12月18日)

 現時点では、省エネ法により2006年に設定した2015年基準は、すでに全社が達成。そのため、新たな燃費基準は、2025年度までにトラックは約13.4%(7.63km/l)、バスは約14.3%(6.52km/l)の改善を目指す。対象となるのは、車両総重量3.55超のトラック・バス等。基準目標設定では、現在商品化されている重量車のうち最も燃費性能の優れた車(トップランナー車)の性能、技術開発の将来の見通し等を勘案した「トップランナー方式」を採用。気候変動緩和に必要な基準という観点ではなく、現時点で見通せる予測をベースに作られている。

 電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池自動車(FCV)については、燃費規制の対象外。政府は、今後、これら次世代車についても燃費規制を設定してく方針。

【参照ページ】トラック、バスの新しい燃費基準を策定しました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る