【EU】EU理事会、サイバーアタックに対する制裁制度を決定。入国禁止や資産差し押さえ等 2019/05/22 最新ニュース

 EU理事会は5月17日、サイバーアタックに責任のある域外の個人または法人に対しEUとして制裁を課すことができるフレームワークを初めて制定した。未遂犯や関連人にも制裁を課すことができる。また「責任のある」は、資金、技術、物質面等で支援をしたもののこと。欧州共通外交・安全保障政策(CFSP)の目的を果たすために必要な場合は、EU加盟国以外や国際機関へのサイバーアタックに対しても一定の制裁が課せる。

 制裁内容には、EU域内への入国の禁止、資産の差し押さえ等が含まれる。また、指定された個人や法人に対しEUの個人や法人にファイナンスする行為も禁止される。

【参照ページ】Cyber-attacks: Council is now able to impose sanctions

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る