【インドネシア】エスティーローダー、持続可能なパーム油生産でNGOと連携。農家1000人の能力開発 2019/05/31 最新ニュース

 化粧品世界大手米エスティローダーは5月23日、持続可能なパーム油の調達を推進するため、化学世界大手BASF、国際環境NGOのSolidaridad、持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)とパートナーシップを締結していることを明らかにした。インドネシアの独立パーム油農家対し、研修や技術支援を提供し、環境保護や所得向上を狙う。

 今回の共同プロジェクトは、スマトラ島ランプン州が舞台。RSPOの他、Business Watch Indonesia(BWI)、同国政府の農業当局、地域の農業団体等も加わり、2021年末までに小規模農家1,000人の能力開発を実施する。RSPO認証やインドネシア持続可能なパーム油(ISPO)認証の基準を上回る生産体制を確立する。

【参照ページ】Project Lampung – Enhancing the Sustainable Production of Palm Oil

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る