【アメリカ】ビバリーヒルズ市、市内でのたばこ販売禁止条例制定。全米初。ホテルは例外 2019/06/08 最新ニュース

【アメリカ】ビバリーヒルズ市、市内でのたばこ販売禁止条例制定。全米初。ホテルは例外 1

 米カリフォルニア州ビバリーヒルズ市議会は6月4日、市内でのたばこ販売を禁止する条例案を全会一致で可決した。域内でのたばこ販売を禁止したのは全米初。2021年1月1日から施行される。禁止されるのは、たばこ、電子たばこ、水たばこ、葉巻等ニコチンを含む商品全て。特定のシガーラウンジやホテルでは例外的に販売が認められる。同市には、シガーラウンジが3ヶ所ある。

 今回の条例は、同市の健康安全委員会からの勧告を受けての措置。高級住宅街で知られる同市では、禁煙への取組が早く実施されてきた。3年後に禁止の影響を分析し、観光業への影響等を確認する。

【参照ページ】Beverly Hills City Council Approves Prohibiting the Sale of All Tobacco Products
【参照ページ】City Council Recommends Prohibiting the Sale of All Tobacco Products in Beverly Hills

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る