【アメリカ】ネスレ、主力商品「ポーランド・スプリング」で2021年から100%再生ペットボトルに転換 2019/06/08 最新ニュース

 食品世界大手ネスレの北米飲料事業ネスレ・ウォーターズ・ノースアメリカ(NWNA)は6月3日、米国での主力飲料水ブランド「ポーランド・スプリング」で使用している1ガロンサイズ以下のペットボトルを、2022年から100%再生プラスチック素材(rPET)で生産すると発表した。rPET100%でのペットボトル生産を飲料メーカー大手が掲げるのは世界初。但し、ラベルとキャップはrPETではなく、リサイクル可能素材のままとなる。

 「ポーランド・スプリング」では、1lサイズのペットボトルでは今月からすでに100%rPET使用のペットボトルに切り替わっている。

 NWNAは2018年12月、rPETの割合を2021年までに25%、2025年までに50%以上にするとの目標を発表したが、「ポーランド・スプリング」では、いち早く2021年に100%を達成する見込み。

【参考】【アメリカ】ネスレ・ウォーターズ、2025年までに再生プラスチック使用割合を50%まで向上(2018年12月16日)

 米国では、使用済ペットボトルの回収率は約30%と低く、同社がrPET素材を生産するためには、回収率を高める必要がある。そのため、NWNAは、回収率を高めるための施策も今後展開していく。NWNAはすでにリサイクル施設への投資を行うClosed Loop Fundにも出資している。

【参照ページ】Poland Spring is on track to be first major bottled water brand in the U.S. to convert its portfolio to recycled plastic

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る