【日本】ブリヂストン、原材料消費・CO2排出量削減可能な新タイヤ「Enliten」開発。まず欧州市場で 2019/06/30 最新ニュース

 ブリヂストンは6月13日、高性能の軽量タイヤ「Enliten」を発表した。一般的な夏用タイヤと比べ原材料を10%削減。また路面との摩擦もできるため、車からの二酸化炭素排出量と燃料消費量を20%ずつ削減できる。電気自動車の場合は、課題となっている航続距離を伸ばすことにつながる。一方で製品寿命は従来品と変わらないという。

ブリヂストンは、原材料配合、溝の深さ(トレッドデプス)、タイヤ内部のインナーライナーの厚さ、モールド工法の新コンセプト等のイノベーションを通じて、今回の新たなタイヤを実現した。

 ブリヂストンは同製品を、燃費基準等や二酸化炭素排出量基準が厳しくなっている欧州市場から投入する考え。

【参照ページ】BRIDGESTONE INTRODUCES ENLITEN, A NEW LIGHTWEIGHT TYRE TECHNOLOGY

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る