【アメリカ】ドミニオン・パワー、米国2ヶ所目のバージニア州沖洋上風力発電所建設開始 2019/07/04 最新ニュース

 米ドミニオン・パワーは7月1日、バージニア州の大西洋沿岸27km沖で、米国で2ヶ所目となる洋上風力発電所「Coastal Virginia Offshore Wind(CVOW)」の建設に着工した。設備容量は6MWが2基で合計12MWで、パイロット・プロジェクトの位置づけ。建設を請負うのは、洋上風力発電世界大手デンマークのアーステッド。

 ドミニオン・パワーは、2023年までに11億米ドル(約1,200億円)を投資し、太陽光発電も含め再生可能エネルギー2GW分を建設する計画を掲げている。

 同発電所の海域は、州政府ではなく連邦政府の管轄海域で、100%連邦政府海域での洋上風力発電所建設は今回が初となる。2年前にプロジェクトが発表され、2018年11月に州政府のState Corporation Commissionからも承認が下りた。

【参照ページ】Construction Begins on Dominion Energy Offshore Wind Project

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る