【アメリカ】グーグル、AIスピーカー「Googleアシスタント」のユーザー音声を従業員が聴ける状態に 2019/07/15 最新ニュース

【アメリカ】グーグル、AIスピーカー「Googleアシスタント」のユーザー音声を従業員が聴ける状態に 1

 IT世界大手米グーグルは7月11日、同社のAIスピーカー「Googleアシスタント」を使用しているユーザーの音声の一部を、同社従業員が聴ける状態になっていたことを認めた。英紙ガーディアンが同日、報じた。オランダ語のユーザー音声が漏出して以降、同社が調査に乗り出していた。

 オランダで発生した事案では、ベルギー公共放送局VRTやWiredが音声データ1,000ファイル以上を取得し独自の調査を実施。153ファイルがユーザーの意図に反して漏出していることを掴んだ。グーグルは2017年、ユーザーが「Googleアシスタント」に呼びかけるなどして機能をオンにしていないときの音声データも録音していたことを認め、対応に追われた過去がある。しかし、今回は、機能がオンになっているときの音声データの一部が、同社従業員が聴ける状態になっていたという。グーグルによると、「一部」の割合は0.2%だという。

 グーグルによると、従業員が聴ける状態になっていたのは、音声によるAI反応の改善のため。しかし、ガーディアンによると、住所等の個人情報も同時に把握することが可能であったため、本人が特定できる状態で、会話内容が聴けるようになっていた。ガーディアンは、EU一般データ保護規則(GDPR)への違反の可能性があると指摘した。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る