【ヨーロッパ】ユニリーバ、アイス商品「マグナム」容器で再生プラ25%含有を開始。ISCC認証も取得 2019/08/12 最新ニュース

 ユニリーバは8月上旬、オランダ、ベルギー、スペインの3ヵ国で販売するアイスクリーム「マグナム」の容器生産で、再生プラスチック素材を25%活用する取組を開始した。2020年には欧州全域に取組を拡大。マグナムの大型カップアイスは3カ国で60万個、欧州全域で300万個販売している。再生プラスチック素材については、国際持続可能性カーボン認証(ISCC)を取得し、第三者からの保証を得た。

 ユニリーバは、2025年までに全商品のプラスチック容器・包装で使う素材の再生プラスチック割合を25%以上にする目標を掲げている。2017年だけでも、同社の再生プラスチック消費量は4,800tに及ぶ。その大半を、高密度ポリエチレン(HDPE)やポリエチレンテレフタラート(PET)が占める。

【画像】Unilever

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る