【イギリス】大使館、アルバニアで現代奴隷防止コンソーシアム設立。世界で2番目に多い 2019/08/15 最新ニュース

 在アルバニア英国大使館は8月12日、アルバニアで現代奴隷防止のためのコンソーシアムを発足すると発表した。英国現代奴隷法では、現代奴隷の通報登録制度を設けており、アルバニア国籍者は全体で2番目に登録が多い。今回政府として現地での対応に乗り出す。

 英国では2018年、内務省政務次官からアルバニアで2021年までの現代奴隷対応活動費のため200万ポンド(約2.5億円)以上の予算を発表。今回の活動費もここから捻出される。発足するコンソーシアムでは、アルバニアの当局へのキャパシティビルディング、啓蒙キャンペーン、ヒューマントラフィッキングのおそれのある人々への支援等を行う。

 活動は主に、首都ティラナ、現代奴隷の主要発生地となっている北部3都市を対象とする。

【参照ページ】Call for bids for the Modern Slavery Fund Albania programme

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る