private 【国際】バンクトラック、銀行大手50社の人権ランキング発表。首位ABNアムロ。日本4社非常に低い 2019/12/11 最新ニュース

 金融機関の環境・社会影響を監視する国際NGOバンクトラックは11月26日、金融機関における人権対応ランキングを示したレポートを発表した。国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)確立から10年近く経った現在でも、金融機関は人権の取扱いに失敗していると批判した。  同レポートでは、銀行世界大手50社が対象。日本企業では4社が対象。投資銀行も対象となったが、証券会社は「銀行」とはみなされず、評価対象から外れた。人権に関する取り組みについて、UNGPに関する14の観点がチェックされ、0点から14点でスコアリングされた。9.5から14点を「Leaders」、6.5から9点を「Front runners」、3.5から6点を「Followers」、0から3点を「Laggards」として4段階の格付けを行った。  唯一最高評価「Leaders」を獲得したのは、蘭ABNアムロ。オランダでは、同国銀行業界の人権イニシアチブ「Dutch Banking Sector Agreement on Human Rights」が中心となり、金融機関の人権に関する義務が検討されてきた。次ぐ「Front runners」と格付けされたのは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る