【日本】みんな電力、太陽光発電事業者の診断・点検サービス開始。三井物産と協業 2020/05/27 最新ニュース

【日本】みんな電力、太陽光発電事業者の診断・点検サービス開始。三井物産と協業 1

 みんな電力は5月20日、同社へ売電する太陽光発電事業者に対し発電設備の診断と点検サービスを開始すると発表した。付加価値を付けることで、小売事業者として競争力を上げる戦略。2022年度中に2,000カ所の太陽光発電所への導入を目指す。

 同社によると、2012年の固定価格買取制度(FIT制度)導入から約8年が経ち、設計ミスや経年劣化などによる発電ロスや、台風などの自然災害による破損などの問題が顕在化しているという。そのため、発電効率や安全性を維持しながら、価値を高めるニーズが高まっている。

 今回提供する診断サービスでは、三井物産と協業し、三井物産が提供する発電所パフォーマンス診断サービス「Oh My Solar!」の全機能を無料で提供。毎月の発電量を入力することで、気象衛星データを用いて算出された期待発電量との差分把握や全国の発電所との発電量比較等ができるようになる。

 また診断結果により発電所のパフォーマンスがわかり、期待される発電量を下回っている場合は、定期点検や補修工事、コンサルティング等を提案していく。高圧や特高向けのO&Mも対応可能。

 同社への売電では、FIT制度による固定買取価格を継続しながら、同社独自のブロックチェーン技術を活用した「顔の見える電力」としてトラッキング売電や、非FITでのプレミアム価格売電も実施している。

【参照ページ】みんなで良い発電所を増やそう!三井物産と協業し、太陽光発電所価値を向上する独自のリパワリング事業を開始

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る