private 【韓国】SKイノベーション、2030年にEVバッテリー500GWh生産体制へ。中国で第4工場建設 2021/09/03 最新ニュース

 EVバッテリー世界大手韓国のSKイノベーションは9月1日、中国・江蘇省の塩城に、同社として中国4ヶ所目となる工場を建設すると発表した。総工費1兆ウォン(約950億円)。同社として初の単独出資工場で、現地法人に10億6,000万米ドル(約1,160億円)を16ヶ月に分割して追加出資する。

 同社は現在、中国では、北京自動車と合弁で常州で7GWh、またEVEで合弁で塩城で10GWh、恵州で10GWhの3ヶ所のEVバッテリー工場を合弁運営している。今回発表の第4工場は、単独出資かつ、最大規模の工場となる見通し。

 同社は他にも、韓国、米国、中国、ハンガリー等の拠点で年間40GWhレベルのバッテリー生産能力を誇る。今後は、2023年までにグローバルで85GWh、2025年に200GWh、2030年には500GWhの生産体制を計画している。

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る