【日本】消費者庁、食品ロス動向で最新資料発表。食品価格高騰で重要性増す 2022/10/02最新ニュース

 消費者庁は9月29日、日本の消費者側での食品ロスの現状を整理した資料「食品ロス削減関係資料」の更新版を発表した。日本の食品ロス(可食部の食品廃棄物)は2020年度で522万t。そのうち47%が家庭からの排出。これには、家庭での廃棄、飲食店での食べ残し、家庭での調理時の過剰除去が含まれる。

 家庭系食品ロスの算出は、…

Links