【オランダ】公的年金運用子会社APG、デロイト・オランダのESG投資データ分析部門を買収

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用子会社APGは2月2日、コンサルティング大手デロイト・ネーデルラント(オランダ)のESG投資データ分析部門を買収すると発表した。デロイト・ネーデルラントは、ESG投資分野でAI(人工知能)やビッグデータ活用に力を入れてきた。同部門の従業員13名はAPGに移籍する。ABPの運用資産総額は4,050億ユーロ(約55兆円)  移籍した新チームは、気候変動、医療、健康の分野で事業機会を捉えている上場企業の特 [...]

» 続きを読む

【オランダ】公的年金ABP、たばこと核兵器製造会社からのダイベストメント決定

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPは1月11日、投資先からたばこと核兵器の製造メーカーを除外するダイベストメント方針を発表した。ABPの運用資産総額は4,050億ユーロ(約55兆円)。新投資方針はABPと運用子会社APGに適用される。  今回の決定は、ABP理事会が新たに導入した企業評価フレームワークによるもの。新フレームワークでは、「投資対象が人間に危害を与える」「投資家として企業の状況を変更できない」「投資引揚げを行っても大きな負のイ [...]

» 続きを読む

【オランダ】運用大手ロベコ・グループ、「ORIX Corporation Europe」に社名変更

Facebook Twitter Google+

 オランダ投資運用大手ロベコ・グループ(RGNV)は1月1日、社名を「ORIX Corporation Europe N.V.」に変更した。ロベコ・グループの親会社であるオリックスが1月5日発表した。RobecoSAM等ロベコ・グループの子会社の社名の変更はない。  ロベコ・グループは2012年にオランダ・ロッテルダムで創業。2001年にオランダ銀行大手ラボバンクの傘下に入った。日本の総合リース大手オリックスは2013年、ロベコ・グル [...]

» 続きを読む

【オランダ】欧州委員会、イケアへの法人税優遇の疑いでオランダ税当局に対する捜査を開始

Facebook Twitter Google+

 欧州委員会は12月18日、家具世界大手スウェーデンのイケアに関連し、オランダでの租税に関する捜査を開始すると発表した。オランダ税当局がイケアに対し不当な税優遇をした疑い。捜査の直接的な対象はイケアではなくオランダ税当局。オランダは法人税率が低く、欧州企業を始め節税に活用されている。EUは、EU法に違反するBEPS(税源浸食と利益移転)があったと見ている。今回EUがオランダ税当局の捜査を開始したことで、結果によってはオランダでの節税が [...]

» 続きを読む

【オランダ】シェル、2050年までに二酸化炭素排出量を半減。3年間で再エネ投資2千億円

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルのベン・バン・ブールデンCEOは11月28日、投資家向け発表会の中で、販売エネルギーのカーボンフットプリントを縮小し、再生可能エネルギーに大規模投資するコミットメントを宣言した。同社は、今年5月23日の株主総会で、株主である英国国教会や一部欧州年金基金から、二酸化炭素排出量削減の年間目標設定を求める株主提案が出たが、同社の経営陣の抵抗に合い、否決されていた。今回のコミットメントは、株主総会 [...]

» 続きを読む

【オランダ】金融大手12社、投融資のカーボンフットプリント測定ガイドライン策定

Facebook Twitter Google+

 オランダ金融大手12社は12月12日、投融資によるカーボンフットプリントを測定するためのガイドラインを共同で策定したと発表した。今後、各社のカーボンフットプリント削減目標を達成するために活用していく。策定に参加したのは、銀行大手ABNアムロ、ASN銀行、トリオドス銀行、De Volksbankの4行。年金基金大手PMTとPME。運用大手ACTIAM、Achmea Investment Management、APG、MN、PGGMの5 [...]

» 続きを読む

【オランダ】ING、2025年までに石炭火力発電が電源構成比5%以上を占める電力事業者への融資停止

Facebook Twitter Google+

 オランダ金融大手INGは12月12日、石炭火力発電向けの融資ポリシーを厳しくした。2025年までに石炭火力発電向け融資をほぼゼロにする。同ポリシーをすぐに適用された。 2025年までに、石炭火力発電が電源構成比5%以上を占める電力事業者への融資を停止する。但しこれらの企業が行う非石炭火力以外の案件には融資を継続する。 2015年のポリシーでは、石炭火力発電が電源構成比50%以上を占める電力事業者への融資を停止。今回はさらに電源構成比 [...]

» 続きを読む

【オランダ】ING、ESG指標連動型コミットメインライン融資をパーム油大手ウィルマーに提供

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手オランダINGグループは11月27日、シンガポールのパーム油大手ウィルマー・インターナショナルに対し、ESG指標の目標達成に応じて金利が引き下がるコミットメントライン融資(リボルビング・クレジット・ファシリティ)契約を締結したと発表した。INGグループは、ウィルマー・インターナショナルに対し、1.5億米ドルの融資を提供しているが、その一部をESG成果連動のコミットメントライン契約に切り替える。ESG指標達成はESG評価機 [...]

» 続きを読む

【オランダ】国際NGOによるINGグループ気候変動OCEDガイドライン違反の訴え。オランダNCP受理

Facebook Twitter Google+

 経済協力開発機構(OECD)のオランダ相談窓口(NCP)であるオランダ外務省は11月14日、国際NGOのオランダ支部、オックスファム・オランダ、グリーンピース・オランダ、バンクトラック、Friends of the Earth(FoE)の4団体が、オランダ金融大手INGのグループをパリ協定での国際合意に十分にコミットしていないと訴えていた問題で、案件を正式に受理すると発表した。パリ協定へのコミット違反がNCPで争われるのは世界初。 [...]

» 続きを読む

【オランダ】ラボバンク、農業サステナビリティ向上融資制度をUNEPと共同で設立。10億ドル規模

Facebook Twitter Google+

 オランダ銀行大手ラボバンクは10月16日、国連環境計画(UNEP)と共同で農業のサステナビリティ向上のための融資制度「Kickstart Food」を10億米ドル(約1,120億円)でスタートさせると発表した。まずは土地復旧や森林保護に主眼を置く。ラボバンクは、オランダの農業金融機関として1970年に設立。現在は中小企業事業ローンや不動産ローンも手がけ、世界40ヶ国以上に支店を持つ。  ラボバンクとUNEPは今後3年間に渡り、 地球 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る