private 【国際】DSM、2030年CO2排出量を50%削減すると宣言。1.5°Cシナリオ準拠の目標に引き上げ、SBTi承認も

Facebook Twitter Google+

 オランダ化学大手DSMは8月3日、2030年までに二酸化炭素排出量を2016年比で50%削減すると発表した。同社は、2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)が目標。これまで中間目標では2030年までにスコープ1、スコープ2排出量30%削減を掲げていたが、それを引き上げた形。  今回発表の目標は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェルとダウ、電気加熱式分解炉の実証プラントを2025年までに建設。CO2削減

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルと化学世界大手米ダウは6月17日、電気加熱式分解炉の共同開発状況を報告。オランダ応用科学研究機構(TNO)および持続可能なプロセス・テクノロジー研究所(ISPT)が新たに共同開発プロジェクトに参画することと、2025年までに実証プラントを建設する計画を表明した。  両社は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェルCEO、ハーグ地裁の判決に不服も、CO2削減の加速で顧客と協働する意思を強調

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルのバン・ブルーデンCEOは6月9日、オランダのハーグ地方裁判所が、同社に対し二酸化炭素排出量を2030年までに45%削減するよう求めた判決に関し、声明を発表。判決内容には不服とし、控訴するとしながらも、二酸化炭素排出量削減を加速させると宣言した。 【参考】【オランダ】ハーグ地裁、シェルにCO2の2030年45%減を命令。NGO提訴。生存権侵害(2021年5月28日)  ブルーデンCEOは、 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】ABNアムロ、社債発行体でもESG評価。サステイナリティクスのESGデータ活用

Facebook Twitter Google+

 オランダ金融大手ABNアムロは5月26日、社債の発行体の評価において、標準プロセスとしてESG評価を組み入れると発表した。ESGの評価では、ESG評価世界大手米サステイナリティクスのESGデータを活用する。債券発行体へのESG評価の投資家需要があると見立てた。  ABNアムロがサステイナリティクスのデータを活用して実施した調査によると、ESG評価と発行社債の利回りに明確な逆相関が見られたという。同社は、投資家がESGレーティングの高 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】ハーグ地裁、シェルにCO2の2030年45%減を命令。NGO提訴。生存権侵害

Facebook Twitter Google+

 オランダのハーグ地方裁判所は5月26日、環境NGOのFriends of the Earth(FoE)のオランダ支部Milieudefensie等がロイヤル・ダッチ・シェルを相手取り訴訟した気候変動裁判で、環境NGO側勝利の判決を下した。パリ協定に基づく1.5℃目標を達成するために、2030年までに二酸化炭素排出量を2019年比45%以上削減することを命令した。同様の判決は世界的にも異例だが、今後の欧州での裁判に影響を与えるとの見方 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】オーステッド、世界最大1GWのグリーン水素生産基地建設計画。SeaH2Land構想

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッドは3月31日、オランダの北海港に、2030年までに1GWの洋上風力発電所を電源としたグリーン水素工場を建設するビジョン「SeaH2Land」を発表した。沿岸部には世界最大のグリーン水素生産基地も設ける。実現するとオランダとベルギー・フラマン地方の水素需要の20%をグリーン水素に転換できる。  同社によると、 (さらに…)

» 続きを読む

【オランダ】RWE、同社初の浮体式水上太陽光発電所を湖上に建設。設備容量6.1MW、2021年内に完成予定

Facebook Twitter Google+

 独電力大手RWEは3月11日、オランダ・ゲールツルイデンベルグの同社アメル水力発電所近くの湖で、同社初となる浮体式水上太陽光発電所を建設すると発表した。同発電所では、太陽光発電パネル1.3万個を敷設。設備容量は6.1MW。8月に着工し、2021年内の完成を目指す。  アメル発電所はこれまで、バイオマス発電と石炭火力発電を行ってきた。同社は2018年、アメル発電所の屋根に設備容量0.5MWの太陽光パネル2,000個を設置。今回さらに太 [...]

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】コカ・コーラのボトラー、2工場で2023年末にカーボンニュートラル化

Facebook Twitter Google+

 欧州飲料大手コカ・コーラ・ヨーロピアン・パートナーズ(CCEP)は3月5日、同社ベルギーとオランダの2工場で、二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)達成に向けたアクションを開始した。2023年末までに2つの工場でのカーボンニュートラル達成を目指す。  同社は2020年12月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェル、石油採掘を2019年にピークアウト。CCSやオフセットでCO2も2018年ピークアウト

Facebook Twitter Google+

 石油ガス世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは2月11日、二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)、株主価値の創出、生活と自然環境へインパクト考慮を両立させる経営ビジョン「Powering Progress」の具体的アクションを発表した。その中で、同社の二酸化炭素排出量の総量は2018年にピークアウトし、石油生産でも2019年にピークアウトしたとの認識を示した。エネルギー大手で総量での削減姿勢を明らかにしたのは同社が初。   [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る