【オランダ】銀行、租税回避疑いある米国人の預金口座凍結。米FATCAの影響。ABNアムロも

Facebook Twitter Google+

 海外在住米国人の税務アドバイス団体American Overseasは1月13日、オランダの主要銀行が、同国在住の米国人のうち、米納税者番号(TIN)の提出を行わなかった者を対象に、預金口座の凍結を開始したと発表した。蘭銀行大手ABNアムロも対応したと見られる。同対応は、2010年制定の米税法「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)」に基づき実施。米国は、租税回避のため、海外金融機関の口座への資金隠しを行う海外在住の米国人への [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】最高裁、政府に2020年末までのCO2の25%削減を命令。気候変動裁判で政府の上告棄却

Facebook Twitter Google+

 オランダ最高裁判所は12月20日、オランダ政府に対し、2020年末までに二酸化炭素排出量を1990年比25%削減することを命じる最終判断を下した。オランダ政府がEUに提出している2020年末までに二酸化炭素排出量を1990年比20%削減は不十分と判断。原告勝訴が確定した。  今回の裁判は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェル、サステナビリティ連動ローンで1.1兆円調達。CO2削減目標達成で金利変動

Facebook Twitter Google+

 エネルギー世界大手蘭ロイヤル・ダッチ・シェルは12月13日、二酸化炭素排出量削減目標達成度に応じて金利が変動するサステナビリティ連動型のコミットメントライン融資(リボルビング・クレジット・ファシリティ)を100億米ドル(約1.1兆円)獲得したと発表した。現在のコミットメントライン融資88.4億米ドル(9,700億円)のリファイナンス。シンジケートには25銀行が加わった。  今回の融資は、償還5年の80億米ドルのコミットメントラインと [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】DSM、世界最強プラ繊維「ダイニーマ」のサステナビリティ戦略発表。漁具にも使用

Facebook Twitter Google+

 オランダ化学大手DSMは12月9日、同社の主力商品の一つで、世界で最も強力な繊維「ダイニーマ」のサステナビリティを高める戦略を発表した。ダイニーマは、超高分子ポリエチレン繊維でできており、医療用縫合糸、漁業・水産養殖用の網、ロープ、スリング、耐刃性手袋・衣料等の高機能素材、車両用及び人体衝撃防護材などにも使用されている。いわゆる強化プラスチックの一つ。  DSMの今回の戦略では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【オランダ】シェル、持続可能なジェット燃料SkyNRGの欧州第1号プラント建設に参画。購入オプションも確保

Facebook Twitter Google+

 蘭ロイヤル・ダッチ・シェルのジェット燃料子会社シェル・アビエーションは11月14日、持続可能なジェット燃料開発SkyNRGの欧州第1号プラント建設プロジェクトに参画すると発表した。同社の技術・ビジネスに関するアドバイスを行うとともに、持続可能なジェット燃料の購入オプションを確保する。SkyNRGについては、KLMオランダ航空や南アフリカ航空がすでに協力を表明済み。 【参考】【オランダ】KLM、SkyNRGから年間75,000tの持続 [...]

» 続きを読む

【オランダ】政府、最高速度100km以下制限や肥料窒素含有率制限へ。EU基準上回る大気汚染対策

Facebook Twitter Google+

 オランダのマルク・ルッテ首相は11月13日、窒素化合物(NOx)による大気汚染防止のため、全国で自動車最高速度100km以下に引き下げる緊急方針を表明した。オランダでは各数年間、NOxがEU基準を上回っており、大気汚染が問題となっている。5月には裁判所が、大気汚染悪化を防ぐため建設プロジェクト数千件に停止命令を出している。  ルッテ首相は、今回の措置が望ましい措置ではないとしつつも、建設プロジェクト停止による失業を防ぐためにはやむを [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバ、茶葉調達元の全企業リスト公表。世界シェア10%。透明性向上

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバは9月12日、同社が調達している茶葉の購入元全企業リストを同社として初めて公開した。ホームページ上で誰でも閲覧できる。同社は、傘下にリプトンを有し、世界最大の茶メーカー。世界全体の茶葉の10%を購入している。毎分272,000杯の紅茶を生産している。同社が購入している茶生産農家は、インド、ケニア、ルワンダ、日本、アルゼンチン、ベトナム、オーストラリア等21カ国100万人以上。  ユニリーバは、茶葉調達の透 [...]

» 続きを読む

private 【オランダ】年金運用APGとPGGM、「SDIアセットオーナー・プラットフォーム」創設。SDGsに資する投資促進

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用会社APGと、オランダ年金基金PFZWの運用会社PGGMは9月11日、機関投資家向けに、投資先の国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献度を分析できるプラットフォーム「SDIアセットオーナー・プラットフォーム」開発で提携すると発表した。  APGはすでに、国連持続可能な開発目標(SDGs)に大きなインパクトを出せる分野へ投資する「持続可能な開発投資(SDIs)」を実施するために、 (さらに&hel [...]

» 続きを読む

【イギリス・オランダ】ユニリーバ、サステナビリティ意義のないブランドを売却の意向

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手英蘭ユニリーバのアラン・ジョープCEOは、同社のサステナビリティ・アクションに貢献しないブランドは売却していく意向を表明した。有名ブランドのマーマイト、マグナム、ポットヌードル等が対象になる可能性があるとし、改めて自らの「存在価値」を定めるよう促した。英紙ガーディアンが7月25日、報じた。  ジョープCEOは、洗濯用洗剤やシャンプーを例に出し、「ただ洗ったら白くなるだけの洗剤や、髪が輝くシャンプーだけでは十分ではなく、 [...]

» 続きを読む

【オランダ】公的年金運用APG、SDGs投資適格企業を判定するためにAI活用。1万社分析

Facebook Twitter Google+

 オランダ公務員年金基金ABPの運用子会社APGは7月16日、2019年の「責任投資レポート」を発表。その中で、国連持続可能な開発目標(SDGs)に大きなインパクトを出せる分野へ投資する「持続可能な開発投資(SDIs)」を実施するために、投資適格性判断に人工知能を用いていることを明らかにした。  APGが実施しているSDIsの運用額は現在、692億ユーロ(約8.4兆円)で、投資運用額全体の15%を占める。人工知能は、投資適格性を判断す [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る