private 【アメリカ】フェイスブックやSNS全体への広告出稿停止400社以上に。背景には人権NGOの運動

Facebook Twitter Google+

 フェイスブックに対する広告主からのプレッシャーが強くなっている。同社のマーク・ザッカーバーグCEOは5月28日、ツイッターが米トランプ大統領の投稿に対しファクトチェックを促したことが同大統領の反感を買った問題で、ツイッターを批判し大統領を支持するととられる発言をしたことで、社内、NGO、さらには広告主からの批判を招く形となっている。 【参考】【アメリカ】トランプ大統領、SNS・検索事業者の投稿判定が言論の自由と反発。規制強化検討開始 [...]

» 続きを読む

private 【イギリス】主要紙ガーディアン、化石燃料採掘企業からの広告掲載を全面禁止。気候変動対応

Facebook Twitter Google+

 英紙ガーディアンの発行会社ガーディアン・メディア・グループ(GMG)のアンナ・ベイトソンCEO代行とハミシュ・ニックリン最高売上責任者(CRO)は1月29日、同社の紙面、ウェブサイト、アプリ上で化石燃料採掘企業の広告を受け付けないことを決めたと表明した。同社は以前から、気候変動に対する厳しい姿勢を打ち出しており、ついに広告掲載禁止にまで踏み切った。同様のアクションをとった主要メディアは、ガーディアンが世界初。  ガーディアンは201 [...]

» 続きを読む

【国際】グーグル、政治広告の自主規制強化。ターゲティング広告や偽情報発信等。透明性も確保

Facebook Twitter Google+

 グーグルは11月20日、全世界に適用する政治広告に関するポリシーを改訂。年齢、ジェンダー、郵便番号住所を活用したターゲティング広告を禁止する。著しい偽情報を発信する政治広告も禁止する。政治広告の透明性を高める情報開示も強化する。政治広告に関しては、ツイッターも10月30日、政治広告を世界全体で禁止すると発表したばかり。 【参考】【国際】ツイッター、政治広告を禁止。政治メッセージは金を払って届けるべきでないと指摘(2019年11月3日 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】P&G、広告を大幅改革。社会への影響を考慮する消費者の需要高まりに対応

Facebook Twitter Google+

 消費財世界大手米P&Gは6月17日、社会と人類にプラスの影響を及ぼす本物の体験を得たいという消費者の要求の高まりに応え、新たなクリエイターとのパートナーシップを発表した。変化が必要とされる時代についての「創造性」を再考し、広告を改革するという、同社のマーク・プリッチャード最高ブランド責任者は、「これまで、広告の世界はあまりにも長く他の創造的な業界から離れて独自の世界にこもっており、消費者とのつながりが希薄になっている」と危機感を表明 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フェイスブック、住宅・求人・融資広告で、年齢、性別、郵便番号でのターゲティング禁止

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米フェイスブックは3月19日、住宅広告、求人広告、融資広告において、年齢、性別、郵便番号を用いたターゲティングを禁止し、広告ターゲティング機能から関連項目を削除した発表した。差別撤廃や公民権保護が理由。  フェイスブックはすでに、人種、エスニシティ、性的指向、宗教の項目を用いてターゲティングをすることを禁止していたが、今回さらに禁止対象を拡大した。また、各エスニシティとの結びつきが強い文化項目でのターゲティングもできなく [...]

» 続きを読む

【アイルランド】フェイスブックとグーグル、中絶是非住民投票関連の広告表示をブロック

Facebook Twitter Google+

 フェイスブックは5月8日、同月25日に予定されているアイルランドの中絶合法化を問う住民投票に関し、投票への影響の恐れがある広告を同国内で表示することを全面的にブロックすると発表した。アイルランドでは、海外からの資金が政党や投票に影響を与えることを法律で禁止しているが、デジタル広告には明確な指針がなく、法律の抜け穴となっている。フェイスブックは、アイスランド国籍の個人や法人に対し海外から関連広告を表示することを自主的にブロックする。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ツイッター、仮想通貨取引とICO関連の広告掲載を一部禁止

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米ツイッターは3月27日、仮想通貨取引とICOに関する広告を一部禁止すると公式に発表した。禁止対象は世界中のICO、仮想通貨販売所、仮想通貨取引所、仮想通貨のウォレットサービス。但し、特定の主要証券取引所に上場している仮想通貨取引所及びウォレットサービスや、日本の金融庁に登録されている仮想通貨取引所・販売所については、引き続き広告掲載を許可する。  同様の自主規制措置は、米フェイスブックが1月30日に、米グーグルが3月1 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】H&M、ストリートアート不許可使用の合法性求めた提訴を取り下げ

Facebook Twitter Google+

 アパレル世界大手スウェーデンH&Mが、ストリートアート作品には著作権が適用されず使用は自由だと主張し、グラフィティアーティストREVOKを相手取り3月9日にニューヨーク州の連邦裁判所に訴えた事案で、同社は3月16日訴訟を取り下げると発表した。発表文で「H&Mは媒体に関係なくアーティストの独創性と創造性を尊重する」と見解を述べた。  今回の事案の発端は、H&Mが商品広告に、グラフィティアーティストのジェイソン・ウィリアムズ氏(REVO [...]

» 続きを読む

【アメリカ】フェイスブック、仮想通貨やICOの広告掲載を禁止。インスタグラムでも

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手米フェイスブックは1月30日、広告方針を改定し、仮想通貨、仮想通貨技術を使った資金調達(ICO)、バイナリーオプション等、誤認や虚偽のおそれのある金融商品に関する広告をフェイスブック上に掲載することを禁止した。インスタグラム等同社の他のサービス上でも同様に禁止される。ユーザーに対し違反事例をフェイスブックに通告するよう促した。  フェイスブックはすでに、違法商品、たばこ、武器、監視装置、スパイウェア等の広告を禁止している [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る