【アメリカ】P&G、広告を大幅改革。社会への影響を考慮する消費者の需要高まりに対応 2019/06/22 最新ニュース

 消費財世界大手米P&Gは6月17日、社会と人類にプラスの影響を及ぼす本物の体験を得たいという消費者の要求の高まりに応え、新たなクリエイターとのパートナーシップを発表した。変化が必要とされる時代についての「創造性」を再考し、広告を改革するという、同社のマーク・プリッチャード最高ブランド責任者は、「これまで、広告の世界はあまりにも長く他の創造的な業界から離れて独自の世界にこもっており、消費者とのつながりが希薄になっている」と危機感を表明した。

 ジョン・レジェンド氏とのパートナーシップでは、育児、現代の男らしさ、音楽、社会正義等のの人間性および人間としての経験の様々な側面を再考し、パンパース、ジレット、SK-IIのブランディングに活かす。人間性をベースにしたアリアナ・ハフィントン氏のThrive Globalとのパートナーシップでは、消費者がストレスを抑えて毎日の健康を改善するため、認知・行動科学を生命科学と融合させ、「マイクロステップの習慣の積み重ね」を標榜し、オーラルBとクレスト、パンパース、シークレット、パンテーンのブランディングを強化する。

 他にも、サタデー・モーニング、GLAAD、Free the Bidといったクリエーターともパートナーシップを結ぶ。

【参照ページ】P&G Reimagines Creativity to Reinvent Advertising Through Innovative New Creative Partnerships

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る