private 【ブラジル】現代奴隷が約37万人。牛肉・木材メーカー調査では不十分な対応状況浮き彫りに

Facebook Twitter Google+

 英ノッティンガム大学の「権利ラボ」を中心とする調査チームは3月15日、ブラジルの牛肉及び木材企業を対象とした強制労働対応ガイダンスを発表した。同時に、2018年10月に実施した企業アンケート調査の結果も発表し、企業の対策が不十分である実態が浮き彫りとなった。  ノッティンガム大学の調査に加わったのは、国際人権NGOビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)、英人権・環境NGOのCORE Coalition、BRICSポリシー・セン [...]

» 続きを読む

【日本】国際建設林業労働組合連盟、東京五輪組織委員会がマレーシアの人権侵害に関与と非難

Facebook Twitter Google+

 国際建設林業労働組合連盟(BWI)は11月21日、2020年東京オリンピック・パラリンピックでの会場建設がマレーシアでの人権侵害に関与し続けているとするレポート「Trade union rights in the Tokyo 2020 supply chain」を発表した。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に対して第三者機関が状況をチェックする体制を構築することを求めている。同レポートによると、2020年東京オリンピ [...]

» 続きを読む

【パプアニューギニア】違法伐採木材が世界に流通。グローバル・ウィットネス調査。双日も調達一時停止か

Facebook Twitter Google+

 国際NGOグローバル・ウィットネスは8月1日、パプアニューギニアで違法伐採された木材を使用したフローリング材を販売しないよう米小売業界や世界の商社に呼びかけるレポート「Stained Trade」を発表した。グローバル・ウィットネスは3年間の現地調査を実施し、パプアニューギニアを原産地とする木材の多くが、土地の強制収奪、熱帯雨林原生林の伐採を伴う違法伐採となっていることを明らかにした。それら木材は、中国の卸売業者を通じて米国の小売店 [...]

» 続きを読む

【日本】RANら国際環境NGO、東京五輪・新国立競技場建設での不正木材使用を非難

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOレインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、豪環境NGOマーケット・フォー・チェンジ、スイス環境NGOブルーノ・マンサー・ファンドは7月24日、2020年東京オリンピック・パラリンピックの新国立競技場建設に環境破壊や人権侵害の疑いのある熱帯材を使用されることについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と国際オリンピック委員会(IOC)を非難する声明を出した。  環境NGOが問題視しているのは、 [...]

» 続きを読む

【日本】キリングループ総合飲料各社、2020年までに紙包装用紙全てでFSC認証を取得

Facebook Twitter Google+

 キリンホールディングスは2月27日、キリングループの国内綜合飲料各社において、紙製容器包装に使用するすべての紙を、2020年末までに国際的な森林環境認証であるFSC認証紙への切り替えを目指すと発表した。綜合飲料各社とは、キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャン、キリン・トロピカーナの4社を指す。  キリングループは、2013年に策定した「キリングループ持続可能な生物資源調達ガイドライン」の中で、日本国内における「紅茶」「紙・印刷物 [...]

» 続きを読む

【国際】CeresとPRI、森林破壊を防止するための投資家グループ設立。まずは南米を対象

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野の国際アドボカシーNGOのCeresと国連責任投資原則(PRI)は11月11日、牛肉、大豆、木材製品の生産増加により世界的に蔓延する森林破壊の問題に対処するため、新たなパートナーシップを締結したと発表した。両者は、森林破壊や、サプライチェーンによる強制労働および土地権利紛争など関連する他の問題で食品メーカーや木材企業にプレッシャーを与える世界の機関投資家を後押しするため、共同で新たに投資家グループを立ち上げる。活 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】木材・製紙産業、サステナビリティ目標の達成へ大きく前進

Facebook Twitter Google+

米国の木材・製紙産業を代表する業界団体、American Forest & Paper Association(以下、AF&PA)は7月15日、2014年度のサステナビリティレポートを公表した。今回のレポートでは米国の製紙・パルプ、包装、木材製品産業のバリューチェーン全体における多大な努力により、米国の製造業が掲げるサステナビリティ目標、“Better Practice, Better Planet 2020”の達成に向けて確実に前進 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る