【アメリカ】DuPont社、Top 10 Best Corporate Citizens で素材部門トップを獲得 2014/01/15 最新ニュース

アメリカの企業責任関連での有力紙Corporate Responsibility (CR) Magazineは、最新のTop 10 Best Corporate Citizensの素材部門で、アメリカの化学会社DuPont社をNo.1に選出した。同社は、今年初めのCR Magazineの Top 100 Best Corporate Citizensでは16位だった。これらは、環境、気候変動、従業員関係、人権、企業統治、ファイナンス、社会的貢献活動といった7つのカテゴリーに関する公にされている情報に基づき、順位が決定される。

同社の材料科学のイノベーションは、スマートでサステイナブルなソリューションを数々生み出している。1975年以降に全世界で設置された4億枚もの太陽光パネルのうち半分以上が同社の技術を取り入れたものだそうだ。

DuPont

企業も個人も、目先の利益だけではなく、将来の環境や次世代の利益のために何ができるかを考えていく姿勢がますます問われていくだろう。

【企業サイト】DuPont

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る