【イギリス】ブリティッシュ・カウンシル、国連機関と共同でアジア太平洋地域の社会企業を支援 2017/03/08 最新ニュース

 英国政府の国際文化交流機関ブリティッシュ・カウンシルは2月27日、国連経済社会理事会(ECOSOC)の下部機構である5つの地域委員会の一つ、アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)と共同で、アジア太平洋地域における社会企業や社会インパクト投資を推進していくことで合意した。今後、両者は、アジア太平洋地域の政府関係者や他の関係者らとともに、社会企業や社会インパクト投資を推進していくための方法を検討していく。

 社会企業は、社会や環境の改善に向け、貿易、投資、ビジネス活動を通じて、持続可能な開発のためのイノベーションを推進するアクターとして重視されている。社会企業の事業活動を通じて、社会的弱者に対する雇用創出やスキル開発に大きな効果があることが調査によっても明らかにされている。

 両者は、協力して研究、分析、研修、政策ダイアログの開催、政府関係者や他の関係者に向けた社会企業支援ガイダンスの策定などを行っていく。

【参照ページ】UN and British Council promote social enterprise in Asia

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る