【アメリカ】リサイクル表示ラベルのHow2Recycle、有力企業8社が参加表明。新たな業界標準に 2017/05/02 最新ニュース

 米国でリサイクル可能製品の共通ラベルを推進している「How2Recycle」プログラムは4月19日、米大手企業のキャンベル・スープ・カンパニー、ネスレ・ウォーターズ・ノースアメリカ、ユニリーバ、ヘンケル、レキットベンキーザー、Ocean Spray、Church&Dwightの8社が新たに同プログラムに参加することを発表した。

 How2Recycleプログラムは、米環境NGOのGreenblueが運営するプロジェクト「Sustainable Packaging Coalition」が展開するプログラム。米国では、従来数多くの団体が製品リサイクルマークを制定し複雑になっており、消費者にとってマークの統一が望まれていた。そこで、How2Recycleプログラムが2008年に立ち上がり、2012年までに統一ラベルを完成させた。同ラベルは企業の自発的参加を呼びかけており、すでに全米50社以上が参加している。とりわけ米小売最大手ウォルマートが同ラベルの活用を強く推進しており、今回有力企業8社がこの取組に参加することとなった。ウォルマートも、自社PB商品で2016年からHow2Recycleラベルの表示を始めた。

 今回How2Recycleプログラムに参加した各社は、それぞれ多くの有名商品ブランドを展開している。今回同ラベルを表示する商品ブランドは、

  • ネスレ・ウォーターズ・ノースアメリカ:Poland Spring Deer Park、Nestlé Pure Life、Perrier、San Pellegrino、NESTEAの北米販売分
  • ヘンケル:Dial、Persil、Schwarzkopf、Kenra Professional、Right Guardブランドの北米販売分
  • Church&Dwight:Arm & Hammar、Nair、Orajel、Trojan、First Response各家庭用品ブランドの北米販売分
  • ユニリーバ:Degree、Hellmann’s、Dove、Ben&Jerry’s、Vaselineの北米販売分
  • レキットベンキーザーは、Lysol、Durex、Air Wick、Woolite、Mucinexブランドの北米販売分
  • キャンベル・スープ・カンパニー:Campbellの北米販売分(Plumブランドではすでに表示済)
  • Ocean Spray:Ocean Sprayブランド商品

 また、すでに同ラベル表示を始めているペプシコも、あらためてこの日同ラベルの推進を表明した。

【参照ページ】Campbell Soup Company, Church & Dwight, Henkel, Nestlé Waters North America, RB, Unilever, and Ocean Spray join How2Recycle® label program
【プログラム】How2Recycle
【プロジェクト】Sustainable Packaging Coalition
【機関サイト】Greenblue

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る