【アメリカ】UPS、牧場由来の再生可能天然ガス年間3,800万リットルの購入発表。CO2削減 2017/11/30 最新ニュース

 米運輸大手UPSは11月20日、エネルギー分野プライベート・エクイティEnvironmental Energy Capital完全子会社のBig Ox Energyから、再生可能天然ガス(RNG)を2024年まで年間1,000万ガロン(約3,785万l)購入すると発表した。同分野への一企業の投資額としては過去最大。再生可能天然ガスとは、化石燃料ではなく、農場、廃棄物処理場、牧場等から出るバイオメタンガスのこと。

 USPは今年初めにも、AMP Energyから今後5年間毎年150万ガロン(約570万l)の再生可能天然ガスを購入することでも合意。こちらのガスは、米インディアナ州のFair Oaks牧場の牛から出るガスを活用する。

  UPSは再生可能天然ガスを用いることで、ディーゼル燃料を使用している現状と比べ、ライフサイクル全体で90%二酸化炭素排出量を削減できると試算している。同社は同社車両40%以上を2025年までにガソリンやディーゼル以外の燃料で走らせることを目標に掲げている。同社はすでにガス自動車5,200万台を走らせており、2016年には車両燃料の天然ガス消費量は6,100万ガロン。そのうち再生可能天然ガスの量は460万ガロン。2017年には再生可能天然ガスの量を1,400万ガロンにまで高める。すでに9,000万米ドル(約10兆円)を投じて、圧縮天然ガスステーション6ヶ所、圧縮天然ガストラクター390台、液化天然ガス車両250台を建設・購入する投資計画も発表している。

【参照ページ】UPS Agreement for 10 Million Gallon Equivalents a Year with Big Ox Energy is its Largest Commitment to Date

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る