【日本】アスクル、再生可能エネルギー100%「RE100」加盟。日本企業では3社目。EV100加盟も 2017/12/04 最新ニュース

 通販大手アスクルは11月29日、事業活動において使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。同時に、事業運営に関係する車両を電気自動車に転換する国際イニシアチブ「EV100」にも加盟した。RE100加盟は、日本企業として3社目。EV100加盟は、日本企業としてイオンモールに続き2社目。RE100とEV100の双方加盟は国内初。RE100とEV100は、双方とも国際環境NGOのThe Climate Group(TCG)が運営している。

【参考】【エネルギー】RE100と現在の加盟企業 〜再生可能エネルギー100%を目指す企業経営〜

 アスクルは、RE100では、中間目標として2025年までに本社および物流センターでの再生エネルギー利用率100%を設定。これが実現すると全体の再生可能エネルギー比率は80%となる。さらに最終的に2030年までに、子会社を含めたグループ全体での再生エネルギー利用率を100%にする。

 EV100では、2030年までに物流子企業ASKUL LOGISTの保有またはリース配送車両を100%EV化する。

 アスクルは、2016年に「2030年CO2ゼロチャレンジ」を宣言。原料メーカーから同社までの上流サプライチェーン、同社から顧客までの下流サプライチェーンの双方で、二酸化炭素排出量をゼロにすると表明した。配送面では、2015年より子会社エコ配が東名阪中心部で自転車配送を開始している。今後は電力消費量の多い物流センターでの再生可能エネルギー比率向上と配送車両の二酸化炭素排出量削減が大きな課題となる。

【参照ページ】“2030年CO2ゼロチャレンジ”実現へ向けさらなる企業間連携を促進

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る