【スイス】チューリッヒ保険、投資ポートフォリオにインパクト目標を設定。インパクト投資額も倍増 2017/12/04 最新ニュース

 世界保険大手スイスのチューリッヒ保険は11月23日、ESG投資実施の一環として、インパクト投資での運用額を2倍にし、インパクト目標を設定する発表した。チューリッヒ保険は、グリーンボンドを20億米ドル分購入するなどインパクト投資を実施してきたが、インパクト投資額を2倍以上の50億米ドルにまで増やす。さらに、インパクト目標として、二酸化炭素排出量500万t削減、毎年500万人の生活改善を掲げた。同社によると、投資ポートフォリオのインパクト目標を掲げる民間投資家は同社が初。

 チューリッヒ保険は、インパクト目標の達成に向け、異なるアセットクラスでの投資を進める。

  1. グリーンボンド:今後もグリーンボンド購入を継続
  2. ソーシャル/サステナビリティ・ボンド:現在の投資額3.5億米ドル。今後も継続
  3. プライベートエクイティ:現在のPEファンド投資額1.16億米ドル。目標インパクトの10%をPEで実現
  4. 他のアセットクラス:新たな可能性を検討

 同社のESG投資に対する姿勢に対し、国連環境計画(UNEP)のエリック・ソルヘイム事務局長は、「チューリッヒ保険は、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の持続可能な保険原則(PSI)署名だけでなく、実際に行動を起こしている。投資ポートフォリオに対するインパクト目標設定、石炭関連企業への投資・保険引受停止、洪水対策の強化等、高いインパクトをすでにもたらしている。これらは私達が金融機関に期待するリーダーシップや幅広いトレンドの一種つ」と高く評価している。

【参照ページ】Zurich increases its commitment to impact investments and introduces impact targets

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る