【国際】ニューズウィーク、「グリーン・ランキング2017」発表。上位100に日本企業10社 2017/12/29 最新ニュース

 米誌ニューズウィークは12月18日、今年の企業環境ランキング「グリーン・ランキング2017」を発表した。対象は2016年12月31日時点での世界全体での時価総額上位500社。企業の公開情報から定量データを抽出し評価した。評価の観点は、エネルギー生産性(15%)、二酸化炭素排出量生産性(15%)、水生産性(15%)、廃棄物生産性(15%)、環境商品売上(20%)、経営陣報酬との連動(10%)、取締役会へのサステナビリティ委員会設置(5%)、環境データの第三者保証(5%)。さらに罰金命令と、石炭・武器・たばこの売上が多い企業については、最大で5%差し引きかれる。評価では、世界経済フォーラムのGlobal 100発表でお馴染みCorporate Knightsとの協働で実施された。

 ランキングでは、対象となった500社について1位から500位までのランキングが付けられている。

Green Ranking 2017 Global 500の上位10社

  1. ロレアル(フランス)
  2. セントリカ(英国)
  3. Enbridge(カナダ)
  4. シーメンス(ドイツ)
  5. シスコシステムズ(米国)
  6. ヘンケル(ドイツ)
  7. アクセンチュア(アイルランド)
  8. BTグループ(英国)
  9. アディダス(ドイツ)
  10. フィリップス(オランダ)

100位までに入った日本企業

  1. トヨタ自動車
  2. 大和ハウス工業
  3. 日立製作所
  4. パナソニック
  5. NTTドコモ
  6. NEC
  7. 日産自動車
  8. デンソー
  9. 伊藤忠商事
  10. JR東日本

【ランキング】Green Ranking 2017

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る