【EU】欧州委員会、医療技術評価の共通化でEU規則案作成。今後、欧州議会・EU理事会で審議 2018/02/06 最新ニュース

 欧州委員会は1月31日、医療技術評価(HTA)に関するEU加盟国間の協調を促すEU規則案を採択(閣議決定に相当)した。医薬品や医療技術の臨床試験手法の共通化を目指す。同規則案は今後、欧州議会(下院に相当)とEU理事会(上院に相当)での審議に移る。

 同規則案は、EU市民に迅速に最先端に医療技術を利用可能できるようにするとともに、医療業界にとっての予見可能性を高める目的がある。医療技術評価は、医療観点だけでなく、社会、経済、倫理等多角的な面で実施される。社会、経済、倫理面での評価は各加盟国の権限として残るが、医療観点の評価手法は統一したい考え。

 同規則案は、共同臨床試験、共同科学的レビュー、新規医療技術の認定、引き続きの自主的協調の4つの分野で今後検討を深めていく。

【参照ページ】Assessing health technology in the EU: Commission proposes to reinforce cooperation amongst Member States

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る