【国際】「海面上昇は年々加速」「2100年までに最大65cm上昇」コロラド大学教授が論文発表 2018/02/22 最新ニュース

 コロラド大学ボルダー校のスティーブ・ネレム教授らは2月6日、世界の海面上昇が年々加速していることを示す論文「Climate-change–driven accelerated sea-level rise detected in the altimeter era」を、米国科学アカデミー紀要(PNAS)で発表した。ネレム教授らは、過去25年間の衛星観測データと解析し、海面上昇速度を分析。毎年0.08mmずつ加速的に上昇していることが明らかとなった。

 論文によると海面上昇は、グリーランドや南極の氷が溶けることで引き起こされている。従来の研究では、海面は等速的に上昇すると考えられており、2100年までに30cm上昇するとされていたが、加速度的に上昇すると2100年までに倍以上の65cm上昇することとなる。ネレム教授らは、今後さらに上昇スピードが上がる可能性も高く、そうなれば77cm高くなる。

【論文】Climate-change–driven accelerated sea-level rise detected in the altimeter era

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る