【国際】世界水パートナーシップ、世界各地域の水資源管理の取組状況をマッピング 2018/02/26 最新ニュース

 国際的な水管理支援ネットワークの世界水パートナーシップ(GWP)は2月16日、世界の水管理の改善状況を示したマップ「Interactive Map of Water Governance Results」をインターネット上で公開した。各地域の水政策、国家戦略、越境取組、投資計画、地域社会枠組み等を一度に確認できる。

 GWPは、水管理に係る世界中全ての機関に開かれた国際ネットワークとして1996年に設立。現在発展途上国を中心に183ヶ国3,000以上の団体が参加している。日本、米国、オーストラリア等の団体は参加していない。

 水リスクについては年々企業からも懸念が増している。GWPは、地下水枯渇や飲料水の不衛生状態等の具体的なプロジェクトを支援しており、今回各地域の状況をマッピングすることで、リスクやプロジェクト状況の認知度を高め、より多くの関係者からのサポートを得る狙いがある。

【参照ページ】Mapping Water Governance Results

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る