【ドイツ】ドイツ銀行のシンクタンク、自然言語処理活用のESG定量評価ツールα-DIGリリース 2018/04/30 最新ニュース

 ドイツ銀行グループのシンクタンク子会社Deutsche Bank Research(DB Research)は4月25日、自然言語処理(NLP)技術を用いてESG要素の定量評価を行うツール「α-DIG」をリリースした。アニュアルレポートや四半期レポートの記載内容とウェブサイト上の情報を読み取り、当該企業に対する従業員、顧客、サプライヤーの評価を分析。投資機会や投資リスクマネジメントに結びつける。

 DB Researchは、人工知能(AI)を用いたデータ解析プラットフォーム(dbDIG)を運営している。同プラットフォームは、リスクマネジメント誌から「クオンツ・リサーチ・ハウス・オブ・ザ・イヤー2018」に表彰された。今回の「α-DIG」は、DB Researchが同プラットフォームを用いて自身で開発したツール第1号。開発には、米ダウ・ジョーンズも協力した。

 リリース時点では、世界5,000社を分析対象とする。

【参照ページ】Using big data to provide portfolio management solutions

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る