【日本】経済産業省、「攻めのIT経営銘柄2018」「IT経営注目企業2018」発表。合計54社 2018/06/04 最新ニュース

 経済産業省と東京証券取引所は5月30日、「攻めのIT経営銘柄2018」選定企業32社を発表した。同銘柄選定は、2014年から開始し今年で4年目。同時に経済産業省は、「IT経営注目企業2018」22社も発表した。IT経営注目企業は、「攻めのIT経営銘柄2018」に選定された企業以外で、総合評価が高い、または注目すべき取組を行っている企業を選定した。

 攻めのIT経営銘柄は、東京証券取引所(一部、二部、ジャスダック、マザーズ)の上場企業約3,500社を対象に「攻めのIT経営に関するアンケート調査2018」を実施。そのうち、選定へのエントリーを表明した企業491社が選定対象となった。

 選定ではITへの取組と財務状況の双方が考慮される。ITへの取組では、企業価値向上のためのIT活用や、IT経営を推進するための組織・人材戦略、優れたIT投資評価等が選定基準。IoTやビッグデータ、人工知能等の活用に重点が置かれた。財務状況ではROEが判断材料。また、重大なコンプライアンス違反のある企業は除外された。

攻めのIT経営銘柄2018(32社)

  • TATERU
  • 大和ハウス工業
  • サッポロホールディングス
  • アサヒグループホールディングス
  • 帝人
  • 住友化学
  • 富士フイルムホールディングス
  • ブリヂストン
  • JFEホールディングス
  • 小松製作所
  • IHI
  • 日立製作所
  • 富士通
  • 日産自動車
  • 凸版印刷
  • 関西電力
  • 東日本旅客鉄道(JR東日本)
  • ANAホールディングス
  • ヤフー
  • 伊藤忠テクノソリューションズ
  • 三井物産株
  • Hamee
  • 日本瓦斯
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • 大和証券グループ本社
  • 東京海上ホールディングス
  • 東京センチュリー
  • 大京
  • レオパレス21
  • LIFULL
  • DeNA

IT経営注目企業2018(22社)

  • 大林組
  • 積水ハウス
  • 三菱ケミカルホールディングス
  • 資生堂
  • 横浜ゴム
  • 京都機械工具
  • ダイキン工業
  • 日本電気(NEC)
  • タムラ製作所
  • 大日本印刷
  • 中国電力
  • 日本航空
  • システム情報
  • テクマトリックス
  • シンクロ・フード
  • TDCソフト
  • パルコ
  • ふくおかフィナンシャルグループ
  • カブドットコム証券
  • MS&ADインシュアランスグループホールディングス
  • 日立キャピタル
  • ルネサンス

【参照ページ】「攻めのIT経営銘柄2018」「IT経営注目企業2018」を発表しました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る