【ドイツ】ハノーバー再保険、石炭ダイベストメント発表。再保険大手7社全て揃う 2018/06/24 最新ニュース

 独再保険大手ハノーバー再保険は6月19日、石炭採掘や石炭火力発電での売上が25%以上を占める企業からの投資引揚げ(ダイベストメント)を発表した。運用資産総額は400億ユーロ(約5.1兆円)。

 ハノーバー再保険は、独金融大手Talanxの子会社。Talanxも2018年5月8日の株主総会の中で、同様の方針をすでに発表している。

 世界再保険大手7社のスイス再保険、ミュンヘン再保険、ハノーバー再保険、スコール、ロイズ、ゼネラリ、Markel Corporationの7社で、世界の再保険手数料収入の45%を占めるが、すでに7社全てが石炭からのダイベストメント方針を発表した。ハノーバー再保険のダイベストメントは、保険全体でも17社目。 

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る