【日本】リコーリース、グリーンボンド100億発行予定。環境省の発行支援補助金にも採択 2018/07/31 最新ニュース

 リコーリースは7月25日、グリーンボンドを8月に発行すると発表した。発行額は100億円。年限は5年。調達資金使途は、リース資産及び割賦契約対象資産である既存の太陽光発電設備購入資金のために発行したコマーシャルペーパーの償還資金。リコーリースは、リコーが株式53%を保有する東証一部上場企業。

 今回のグリーンボンドは、環境省が今年から開始した「グリーンボンド発行支援体制整備支援事業(補助事業)」の採択第1号となった。同事業は、企業や地方自治体がグリーンボンドを発行する際に、外部レビュー(セカンドオピニオン)の付与、グリーンボンドコンサルティングの提供、グリーンボンドストラクチャリングエージェント(通常証券会社)に対し補助金を支払うもの。同事業に採択されるためには、当該グリーンボンドを通じて「主に国内の低炭素化に資する事業」または「低炭素化効果及び地域活性化効果が高い事業」のいずれかを満たす必要がある。今回の補助金支給対象は、外部レビューを担当した日本格付研究所(JCR)。

 JCRは、同グリーンボンドに対し、最上位評価である「Green 1」の予備評価を付与。使途プロジェクトの環境評価として、太陽光発電設備は二酸化炭素排出量効果が高く、対象となる一部太陽光発電所は地方自治体が地方創生とエネルギー地産地消を目的に運営しており、地域活性化効果も高いと判定した。

 また組織全体の環境評価では、発行体であるリコーリースだけでなく、親会社のリコーも対象とし審査を実施。双方ともに高い評価を下した。

【参照ページ】グリーンボンド発行に関するお知らせ
【参照ページ】交付決定通知一覧
【資料】JCRグリーンボンド評価

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る