【国際】ブラックロック、世界保険大手の動向レポート発表。ESG投資関心が大きく増加 2018/09/25 最新ニュース

 投資運用世界大手米ブラックロックは9月13日、世界の保険業界の動向レポートを発表した。同様のレポートは今回が発行7回目。ESG投資を重要という回答が83%に達し、保険業界の中でEG投資への関心が非常に高くなっていることがわかった。  調査は、英調査大手エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が代行し、2018年7月から8月の間、27カ国の保険業界及び再保険業界の経営陣372人に対しアンケートまたは電話調査を実施し回答を得た。回答企業の運用資産総額は7.8兆米ドル(約880兆円)。地域割合では、欧州42%、アジア太平洋30%、北米20%、中南米8%。また12人には詳細な電話ヒアリングを行い、対象となったのは、アクサ、チューリッヒ保険、スイス再保険、プルデンシャル・ファイナンシャル、ブリッジハウス、サンライフ、Arch Capital、プルーデンシャル・コーポレーション・アジア、W&W、かんぽ生命保険。  今年の大きな傾向としては、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る