【マレーシア】司法当局、ゴールドマン・サックスを起訴。1MDB資金流出事件への関与疑い 2019/01/02 最新ニュース

 マレーシアの司法当局は12月17日、同国政府系投資ファンド「1MDB」から45億米ドル(約5,000億円)が流出した事件に関し、米金融大手ゴールドマン・サックスのグループ会社3社と、1MDBの元従業員ルー・アイ・スワンと逃亡中の華人系マレーシア人ロー・テック・ジョーの2人を起訴した。

 ゴールドマン・サックス・グループは、2012年と2013年に1MDBが合計65米ドル(約7,200億円)の債券を発行した際に主幹事を務め、手数料約6億米ドルを獲得。これに関し、米司法省(DOJ)は、同社のティム・レイスナー元東南アジア地域会長とロジャー・ウン元マネージングディレクターの2人、及びロー・テック・ジョーが、マレーシア政府高官とアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ政府高官に賄賂を支払うと同時に、1MDBから27億米ドルの資金流出に関与したと指摘。レイスナーは、その事実を認め、米連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)とマネーロンダリング違反の罪に問われた。一方、ウンは、DOJから要請を受けたマレーシア当局が逮捕した。

 これを受けマレーシア司法当局は、ゴールドマン・サックス・グループが虚偽の報告をしたとして企業としての責任を追及。証券取引法違反の罪で起訴した。起訴されたのは、英ゴールドマン・サックス・インターナショナル、ゴールドマン・サックス(シンガポール)、ゴールドマン・サックス(アジア)の3社。訴状では、債券引受手数料6億米ドルと不正流出させた27億米ドルを超える罰金を要求している。

 1MDBは、当時のナジブ・ラザク首相の肝入りで2008年に設立。しかし、同ファンドからナジブ一族への不正資金流出が2015年に発覚して以降、一気に問題が噴出した。ナジブはその後、世論の反感を買い、選挙で敗北し、2018年に逮捕された。米司法省の捜査では、ナジブ一族に多額が私的に流用され、高級住宅、ヨットの購入、映画製作の費用に使われたという。

 ゴールドマン・サックスは、組織的な関与を否定している。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る