【インド】フェイスブック、総選挙に向け、5社に投稿記事のファクトチェックを委託。体制強化 2019/02/14 最新ニュース

【インド】フェイスブック、総選挙に向け、5社に投稿記事のファクトチェックを委託。体制強化 1

 IT世界大手米フェイスブックは2月11日、5月に実施されるインド総選挙に向け、フェイスブック投稿ポストのファクトチェックを強化すると発表した。ジャーナリスト育成校ポインター学院(Poynter Institute)の国際ファクトチェック・ネットワーク(IFCN)に加盟するIndia Today Group、 Vishvas.news、Factly、Newsmobile、Fact Crescendoの5社とパートナーシップを締結した。

 今回提携した5社は、フェイスブックのニュースストーリーに投稿された記事の正確性を格付し、偽情報と判定された場合は読者の「ニュース・フィード」の一番下に表示させ、約80%閲覧を低下させる。また、同5社は、偽情報と判定した記事の下に個別の内容を追加することもでき、偽情報がシェアされた場合に読者に注意を促せるようにする。さらに、ファクトチェック対象記事も3言語も増やし、英語、ヒンディー語、ベンガル語、テルグ語、マラヤーラム語、マラーティー語の6言語で監視を行う。

 また、継続的に偽情報を発信するアカウントは、広告出稿や課金の権限が剥奪される。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る