【アメリカ】アマゾン、2030年までに全商品配送の半分でCO2排出量をネットゼロ。「Shipment Zero」ビジョン 2019/02/22 最新ニュース

 IT世界大手米アマゾンは2月18日、商品配送からの二酸化炭素炭素排出量を大規模に削減するビジョン「Shipment Zero」を発表した。2030年までに全商品配送からの50%の二酸化炭素ネット排出量をゼロにする。

 今回のビジョン達成に向けては、配送での電気自動車の活用、バイオジェット燃料を用いた航空輸送、再生可能な梱包・包装、再生可能エネルギーの活用等に取り組む。アマゾンはすでに、オフィスや配送センター「フルフィルメントセンター(FC)」運営に必要な電力を100%再生可能エネルギーに切り替える方針を掲げてきたが、今回は配送での二酸化炭素排出削減に乗り出す。対象は、自社販売商品のみか、マーケットプレイス販売商品までも含むかは明らかになっていない。

 アマゾンは社内に、環境サステナビリティを高める手法を開発する専任の科学者、エンジニア、商品設計者だけでも200人以上を配置している。これまでも、配送分野では、開封しやすい段ボールを開発する「Frustration Free Packaging」の開発、配送業者での追加の梱包が不要な「Ship in Own Container(SIOC)」の開発、サーキュラーエコノミー推進ファンド「Closed Loop Fund」への出資等を実施してきた。

【参照ページ】Delivering Shipment Zero, a vision for net zero carbon shipments

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る