【EU】欧州委、ミャンマーに人権調査で高官派遣。輸入関税撤廃「EBA制度」継続可否分析 2019/02/27 最新ニュース

 欧州委員会と欧州対外行動局(EEAS)のハイレベル派遣団は2月18日から22日、国連が人権及び労働権侵害懸念を報告したミャンマーを訪問し、EUが発展途上国に付与している武器以外の全品目で数量制限なしにEU域内への輸入関税を撤廃する優遇制度「EBA制度」の適用可否に関するモニタリングを実施した。EUはすでに同様の理由でカンボジアでのEBA制度一時停止手続きを開始しており、ミャンマーについても同様のリスクが出てきた。  ミャンマーでの人権及び労働権侵害については、2018年9月、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が、特にラカイン州、カチン州、シャン州で侵害がみられることが報告された。他の国連機関からも同様の報告があり、欧州委員会と欧州対外行動局(EEAS)の派遣団は2018年10月28日から31日までミャンマーを訪問し、モニタリングを実施していた。  今回の訪問モニタリングでは、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る