【国際】持続可能な保険原則PSI、損保向けにESGリスク統合ガイダンス案発表。アリアンツが主導 2019/03/01 最新ニュース

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連持続可能な保険原則(PSI)は2月27日、損害保険企業向けに、損害保険引受のESGリスク統合ガイダンス案を発表した。同様のガイダンスは世界初。損害保険企業以外の他のステークホルダーにとっても一見の価値のあるものになっている。6月30日までパブリックコメントを募集する。  今回ガイダンスは、独アリアンツが2016年から主導。仏アクサ、伊ゼネラリ保険、独ミュンヘン再保険、スイスのチューリッヒ保険、スペインのマフレ、豪QBE保険、英RSAグループ、南アフリカのSantamや、国連環境計画(UNEP)、テンプル大学、シドニー工科大学、米ウェスト・チェスター大学もプロジェクトに加わった。日本の損害保険会社はなし。  今回のガイダンスは、…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る