private 【国際】PRI、UNEP FI等、ESG投資とフィデューシャリー・デューティーの関係に関する最終報告書発表

Facebook Twitter Google+

 国連責任投資原則(PRI)、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、米Generation Foundationの3者は10月22日、ESG投資とフィデューシャリー・デューティー(受託者責任)の関係を分析した報告書の最終版を発表した。3者は、フィデューシャリー・デューティーの捉え方が、投資家のESG投資シフトを阻害していると考えており、正しい捉え方を整理してきた。今回の最終報告書は、2014年に発表した報告書をアップデートし [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP FI、省エネ・ファイナンスでレポートを発表。不動産の省エネが注目。データ可視化

Facebook Twitter Google+

 G20省エネ・ファイナンス・タスクグループ(EEFTG)は10月18日、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と共同で、省エネ分野向けファイナンスの現状や促進のあり方をまとめたレポートを発表した。「G20省エネ・ファイナンス・タスクグループ(EEFTG)」は2014年に発足。今回のレポートは、6月に東京で開催された「省エネ、イノベーション、クリーンテクノロジーへのファイナンスに関するG20グローバルサミット」の内容をまとめた [...]

» 続きを読む

private 【国際】31銀行、パリ協定に整合性ある融資への共同コミットメントに署名。日本の銀行はゼロ

Facebook Twitter Google+

 国連責任銀行原則(PRB)署名銀行のうち31行は9月23日、パリ協定に整合性のある融資の実施をコミットするイニシアチブ「Collective Commitment to Climate Action」に署名した。  今回のイニシアチブに参加したのは、英スタンダードチャータード、英Ecology Building Society、仏BNPパリバ、仏ソシエテ・ジェネラル、仏クレディ・アグリコル、仏バンク・ポスタル、仏ナティクシス、蘭IN [...]

» 続きを読む

【国際】12機関投資家260兆円、2050年までにCO2ゼロとなる投資ポートフォリオにコミット

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連責任投資原則(PRI)は9月23日、2050年までに二酸化炭素ネット排出量をゼロにするシナリオと整合性のある投資ポートフォリオを実現することにコミットするイニシアチブ「Net-Zero Asset Owner Alliance」を発足。機関投資家12機関、運用資産総額2.4兆米ドル(約260兆円)が加盟した。  今回のイニシアチブの発足に関わったのは、アリアンツ、仏預金供託金庫(C [...]

» 続きを読む

【国際】国連責任銀行原則PRB、正式発足。日本大手4行含む世界131行で開始。NGOからは苦言も

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は9月22日、国連責任投資原則(PRI)の銀行版となる「国連責任銀行原則(PRB:Principles for Responsible Banking)」が正式発足したと発表した。世界131行でスタートした。  PRBは30銀行が創設機関として、他の参加銀行を募ってきた。創設機関は、米シティグループ、英バークレイズ、仏BNPパリバ、仏ソシエテ・ジェネラル、仏ナティクシス、蘭ING、蘭トリ [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP FIとGCA、気候変動適応ファイナンスに関する報告書発表。6つの変革を提言

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と国連の適応国際委員会(GCA)は7月17日、気候変動適応ファイナンスに関する包括的な報告書を発表した。現状の法規制や事業慣行では気候変動適応に適切に対応できていないとし、多くの変革が必要としている。今回のレポート作成には、社会・環境インパクトを重視する米営利企業「Benefit Corporation」に指定されているClimate Finance Advisors(CFA)が主導的役 [...]

» 続きを読む

private 【中国】UNEP FI、PRI、商道融緑、中国証券監督管理委員会に対しESG情報開示法制化を提言

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)、国連責任投資原則(PRI)、SynTao Green Finance(商道融緑)は6月5日、中国証券監督管理委員会(CSRC)、中証金融研究院(CIFCM)、上海証券取引所、深圳証券取引所に対し、ESG情報開示の提言レポートを提出した。  中国のガイドラインも国際フレームワークに則しているとしつつも、企業の開示情報はバラバラであり、CSRCが開示を法規制で義務化すべきとした。さらに、 [...]

» 続きを読む

private 【国際】UNEP FIと20の機関投資家、TCFDに沿い気候変動のポーフォトリオ影響を分析

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)と機関投資家20機関は5月10日、機関投資家向けに、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)ガイドラインに沿う情報開示を実践するためのガイダンスを発行。気候変動のポートフォリオ影響を分析した。  今回の発行に加わったのは、ノルウェー銀行投資マネジメント部門(NBIM)、AVIVA、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】UNEP「ポジティブ・インパクト・イニシアチブ」、ワーキンググループを2つ新設

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の「ポジティブ・インパクト・イニシアチブ」は4月2日、2つのワーキンググループを新設した。金融機関にとってのインパクト測定の手法を検討する。 【参考】【国際】UNEP FI、金融機関の一般的な投融資のポジティブ・インパクト投資フレームワーク提示(2018年12月1日) 【参考】【国際】主要金融機関19社、SDGs達成に向け「ポジティブ・インパクト・ファイナンス原則(PPIF)」を制定(2 [...]

» 続きを読む

【国際】UNEP FI、不動産ESG投資の動向調査。大手REIT運用会社では関心高まる

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)の不動産ワーキンググループ(PWG)、カナダ不動産投資顧問Bentall Kennedy、カナダ不動産投資推進NGOのREALPACは3月29日、不動産アセットクラスのESG投資動向をまとめたレポートを発表した。40社以上(運用資産総額合計1兆米ドル)にサーベイ調査を実施した。  今回サーベイ対象となった企業には、ジャパンリアルエステイトアセットマネジメント(三菱地所90%、三井物産10 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る