【国際】国連グローバル・コンパクト、B Labと協働で企業のSDGs進捗測定ツール開発。2020年中旬完成予定 2019/03/02 最新ニュース

 国連グローバル・コンパクト(UNGC)は2月26日、「Bコーポレーション」認証を運営する米NGOのB Labと協働で、企業が国連持続可能な開発目標(SDGs)観点での達成進捗度を管理できる新たなオンラインツールを開設すると発表した。完成は2020年中旬の予定。

【参考】B Corporation(Bコーポレーション)(2015年2月9日)

 B Labはこれまで、Bコーポレーションの認証の到達達成度を自主的に測定するためのツール「B Impact Assessment」を提供してきた。選択式で進められるUI(ユーザーインターフェース)が優れており、今回のツールでもこのUIを踏襲する。新ツールでは、SDGsに関する指標を盛り込み、SDGs観点での自社の進捗状況を測れるようにする。

 同プロジェクトは、仏ダノンのエマニュエル・ファベールCEO、英国際開発省(DFID)カナダの国際開発研究センター、米ロバート・ウッド・ジョンソン財団、米スコール財団(Skoll Foundation)も支持している。

【参照ページ】UN Global Compact and B Lab to develop online platform for companies to manage their progress on the Sustainable Development Goals

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る